忍者ブログ
日常生活と、SPS建築中nowな物欲だだ漏れ記録。 私がそうだったように、何か一つでもいいから誰かの役に立ちますように。 趣味は二次元まっしぐら。

* admin *  * write *  * res *
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
うちは二人兄弟。
一応三人希望だけど、まさかの三人目不妊まっしぐらで困る。
それはともかく、部屋割りって難しい。
うちは内納屋とか内納屋とかのせiおかげで二階もわりとゆったり取れたため、長男次男がこのまま二人兄弟なら、確実に六畳ずつの部屋になる。

新築話してると、かなり高確率で出るのが、
「二階は寝る機能のみ。リビングで遊んでもらう」
これ、広さの問題が絡んでくるから本当アレだけど、無理でしょ…。
私は出身校が女子中高一貫のため、わりと穏やかかつご家庭もザ・中流または医者など上流が多かった。
それでも!!

育ってしまったこども、特に男の子はリビングでなど遊んではくれない!!(ことが多い)

夫は自分の部屋が広いためにリビング行かない派だったが、その代わり友人がよく来て、親が交友関係をしっかり把握していた。
そうなると逆に困るのは、その来る友人側の親。
いつも息子が「うちは狭いから友達呼べん!」と外出してしまうことに。
もう一度言うが、リビングで遊んでくれるのは恐らく中学年が精々。
また、相手の家に我が子を毎回押し掛けさせてしまうことになるため、よほど図太くない限り、気を遣ってしまう…。

私自身もお互いの部屋で友人だけと話すのは楽しかったが、親の決めた方針で「遊ぶのはリビングのみ、引っ込んでいても何だかんだで親の気配がする」という家庭は、思春期時代は本当ーーーに嫌で、そこで集まるのを自然と避けていた。
それは私だけではなく、他の子も同じように、「ちょっと…恥ずかしいよね」という意見だった。

リビングが広くて嬉しいのは、
人を常から呼ぶのが好きだったり、
パーティー好きだったりするでもない限り、
恐らく、こどもが室内で走り回る年齢まで!

お子さんが小さい方、ちなみにうちは小一が長子ですが、すでに二階に上がってお友達と…ってこともかなり増えてます。
可愛らしい、あどけない笑顔ではなく、自分や兄弟姉妹の思春期時代の憎たらしい顔を思い出しながら家作りを一度は考えてみてはいかがでしょうか。
うちは私が自律神経失調持ちの瞬間湯沸かし器、なおかつ一番引きこもりな根暗野郎なのでイライラした時に家族の誰のツラも見なくて済む間取りを一番優先しました。
でも親スペース子スペース自体は分けておらず、あくまでお互いがきちんと気にかけることはできるように、と願った間取りです。



まだ間取りのテーマすら決まっていない方、少しでも参考になれば幸いですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

web内覧会:
玄関
ダイニング
リビング、和室
家事室
一階トイレ
キッチン
脱衣洗面室、お風呂
主寝室




→→→

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

***

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
P R
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: ハルの家作りブログ All Rights Reserved